痛風の予防方法|現代病に歯止めをかけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

尿酸値を下げる方法

サプリ

食事制限だけでは難しい

痛風は「風が吹いても痛い」と言われるほど激しい痛みが襲ってきます。ある日突然痛みが襲ってくるのですが、この原因は尿酸値が高くなっていたことです。血中の尿酸値が高いと尿素が関節に溜まって結晶化してしまいます。その結晶は何らかの拍子に関節から剥がれて神経に痛みを生じさせてしまうため、痛風になってしまうのです。痛風にはプリン体が含まれている食品の摂取を控えると良いと言われているのは、プリン体が分解される時に尿酸を多く生成することが理由です。しかしプリン体はほとんどの食品に含まれているため、痛風予防のためにプリン体を減らすというのは実はあまり現実的ではありません。自分でもできる予防方法としては尿酸値を下げるサプリを取りいれるというものがあります。

水分とサプリメントを利用

尿酸は尿と一緒に排出されていくので、水分をしっかり摂取して排出していくという方法を行うこともできます。1日に2〜3リットルほど飲むのが良いと言われていますが、仕事をしていると無理な量です。そこで利用したいのがサプリメントです。アンセリンやカリウム、葉酸、菊花ポリフェノールには尿酸値を下げる予防効果が期待できると言われています。それらの予防効果がある成分を複数配合してあるサプリもあるので、それを利用するのも効果的です。これらのサプリは飲んですぐに効果があるというわけではなく、継続して飲まなければその効果を実感しにくいと言われています。最低でも3か月ほど継続して服用することで効果がわかると言われていますので、飲み続けてみてください。

Recommended

  • 今からでも遅くない痛風予防ガイド

    今から取り組んでも間に合います。痛風の予防に取り組む考えをもっているならサイトの内容を確かめてみましょう。
走るメンズ

糖尿病に関わる物質

ヘモグロビンa1cは糖尿病と密接な関係を持つ物質で、この数値が6.5を超えると糖尿病と判定され、5.6以上でも糖尿の疑いがある、発症リスクが高い人と判断されます。この値を上げないように生活習慣を見直したり、健康食品を摂ることをお勧めします。

メンズ

お酒が好きな方に

オルニチンには、さまざまな効果があるといわれています。お酒が好きな方だけでなく、ダイエットしたい方や疲労回復したい方にもおすすめです。食品では、シジミに多く含まれています。サプリメントならより手軽に摂ることが可能です。

漢方

生薬とホルモンバランス

更年期に対して西洋薬とともに漢方薬が処方されることがよくあります。西洋薬が症状に対して処方されるのに対し、漢方は体質を重視して処方されます。個々のケースに合わせて自然な治癒力を引き出し、西洋薬との相性もいいことから漢方は人気です。