痛風の予防方法|現代病に歯止めをかけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

生薬とホルモンバランス

漢方

体質に合わせた処方

更年期ではホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが減少することで心身に様々な症状が現れます。40代から50代以上の女性のほとんどが経験する更年期に対して、一般的な処方薬や漢方での治療が行われます。漢方が東洋的な薬品であるのに対し、一般的な処方薬は西洋的な考えに基づいています。西洋薬は基本的に症状に対しての治療を意識しています。そのため、人によって体質の差はあっても、症状が似ていれば同じ薬が処方されます。一方で、漢方は体質に合わせて調剤・処方されるため、西洋薬とは逆に症状は同じでも全く違う漢方が処方されることがよくあります。以上のような西洋薬と漢方の違いを理解したうえで、医師と相談しながら更年期の治療に役立てましょう。

優しい薬効と大きな効果

更年期での治療で漢方が積極的に用いられることがありますが、この背景には漢方が体に優しく効果も大きいという理由が挙げられます。漢方薬は必ず個々のケースを見極めたうえで処方されるため、体質にぴったり合ったものが治療に使われます。体質と合わない場合は副作用が出ることがあるものの、効果自体は緩やかに現れるため、早めの相談で副作用を回避できます。漢方は体質の悪化を自然な治癒力を引き出すことで、元の健康な状態に戻していくという考えに基づいています。そのため、多くの女性に自然と現れてくる身体の変化である更年期に対して効きやすいという特徴が挙げられます。西洋薬との組み合わせもよく、即効性のある西洋薬で症状を抑えながらしっかりと根本的な問題を取り除けます。以上のように個々の状態に合わせながら自然な効果が得られ、他の薬とも組み合わせやすいため漢方は人気です。