痛風の予防方法|現代病に歯止めをかけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病に関わる物質

走るメンズ

注意喚起の必要がある人

ヘモグロビンa1cは高血糖の状態の時にヘモグロビン(血中蛋白)とブドウ糖が結び付いてできるグリコヘモグロビンの一種で糖尿病と密接な関係を示すものです。この数値が6.5以上であると糖尿と判定されますし、5.6以上でも糖尿病の疑いがある、あるいは発症リスクが高いと判断されます。これを放置しておくと、とても早いスピードで進んで行く方が多いので早めに対策することが大事です。では、どのような方が数値が高くなりやすいのかというと、血縁にヘモグロビンa1c値が高い人がいる・肥満・運動不足・喫煙者・甘いものを好む・偏食・妊娠中・家族に糖尿病がいる・偏食・40歳以上・高血圧の薬を飲んでいる人などが挙げられますので注意して下さい。

数値を下げるために

ヘモグロビンa1cの値を出来るだけ上げないためには運動や食生活の改善をする必要があり、とくに検査結果で境界にいる方はすぐに取り組むことをお勧めします。運動はウォーキングなどの有酸素運動を少しずつでも取り入れていくと良いです。ヘモグロビンa1cの数値を下げる食品は簡単に摂れるところでは玄米やそばはインスリンを助けるクロムのおかげで血糖値を安定させますし、青魚にはオメガ3脂肪酸があり中性脂肪や血栓などを防いでくれます。他には血糖値をコントロールするサポニンが含まれる田七人参や朝鮮人参、血糖値を下げる働きのあるイヌリンを含む菊芋、ブドウ糖が血中に吸収されるのを抑制する桑の葉などがありますが、食品で摂るのは難しいので健康食品を購入することをお勧めします。